6/15(金)に幕張メッセで開催されたデジタルサイネージジャパンの専門コンファレンス「サイネージクリエイティブには新しい血が必要だ ~モーショングラフィックスとサウンドクリエーション ~」にて講演をさせていただきました。
まずはわたくしTO-FU大森がMGの一般的な概要と有用性、実例、そして将来のヴィジョンなどを20分程度で話をさせていただき、その後バグ・コーポレーション山口様によるサウンドクリエーションに関する講演。様々なプロジェクトを紹介いただき、これからはあらゆるものがソーシャルに展開して行くべきという方向性に共感しました。

その後モデレーターの江口様による、事前打ち合わせ全くなしの長い長いクロストーク(汗

どうしたらサイネージを見てもらえるか?サイネージとソーシャルをスムーズに結びつけるにはどうするか?という難問に、コンテンツ制作者という立場から時には意見したり、時には言葉に詰まりながらも楽しくセッションしました。

自分の話は普段から考えてることなので、受講者の皆様の為になったか?面白かったのか?不安でしたが、自分にとっては他の人々と意見を交わすことで新たな視点や気づきがあり新鮮な場となりました。
その気づきの内容に関しては長くなりそうなので次回に!
皆様ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です